BLOG

yamashoです。

今回は、前回話している 露出トライアングルシリーズの第二幕!!
2つ目の要素は、「シャッタースピード」についてです。

リュウ
シャッタースピード??

yamashoさん
第一要素では、レンズから入ってくる光の量を調整する「絞り」について話したろ?

「第一要素」絞り(F値)の記事

yamashoさん
今回は最初にレンズから入ってきた光を調整する役割だったり、速く動く被写体動かない被写体によっても、この第2要素である。このシャッタースピードが重要に・・
リュウ
御託はいいから早く説明しろ!!
yamashoさん
こいつ・・続きは下からどうぞ

シャッタースピードの重要性

このシャッタースピードを理解出来るようになると、

動きの速いものも、まるで止まっているかのように撮影出来るようになったり、
DSC_1827

リュウ
オレが浮いてる〜!?

花火のように、何秒もかけて表現をするような被写体には、
逆に幻想的な写真の仕上がりが出来るようになります。
3H8C8395

リュウ
打ち上がりから映ってる〜!

これもスマートフォン等のコンパクトカメラでは、
撮影が出来ない方法となるんで、これも覚えていて損は無いです!

シャッタースピードとは?

露出トライアングルの話しでもしましたが、
レンズから入ってくる光がイメージセンサーに受光して、
露出を決めますよね?

カメラの受講量

この図で言えば、ミラー(青枠)が上がり奥のイメージセンサーへ
光を当てる時間の事を指します。
指定した時間をイメージセンサーに当て終わると、
ミラーが戻ります。
カメラの仕組

こんな感じですね。

リュウ
じゃあどんだけ、光を当てれば良いんだよ!
yamashoさん
それは今から言います。
リュウ
さっさとしろ〜!
yamashoさん
くそ犬〜。。

時間について

まずこの図を見てください。

スクリーンショット 2016-08-20 10.48.16

ここで覚えて欲しい事は、シャッタースピードの時間の基準は「1秒」覚えてください。
1秒からイメージするとイメージし易いです。

何が1秒かというと、さっきの「ミラーが上がる時間」が1秒なんですね。
この図の見方なんですが、左から右にかけて、青色の棒グラフ的なものが、
段々で下がっていっていると思います。

シャッタースピードが右に行くほど、速くシャッターが切られる仕組みとなります。

右の最後の数値は「1/1000秒」となってますが、
これはカメラ本体によって、分母は変わってきます。
※僕の持っているNikon D750は「1/4000」まであります。

でも、1/1000秒って、、、どんだけのスピードかなんて想像すらも出来ないよね。。

眼のまばたきのスピード

brown-518324

イメージして欲しいんですが、人間のまばたきのスピードはどれくらいか知ってます?

人間のまばたきのスピードは、「1/125」ぐらいです。

リュウ
犬は?

yamashoさん
はい。知りません

ですんで、まばたき以上の速さでカメラは機能をしてくれてるんですね。
ただ、このシャッタースピードの基準で伝えた「1秒」はかなり遅い方と一般的には言われます。

だいたいカメラを三脚とかに乗せず、手持ちで撮影をする際は,
レンズにもよりますが、「1/60〜1/125」ぐらいで手ブレも起こさず、
綺麗に撮影ができます。

何が撮れるの?
リュウ
だいたいのうんちくは分かったが一体、このシャッタースピードで何をどうしろってんだい?
yamashoさん
ここまでで、シャッタースピードの意味が分かってきたら、あとは撮りたい被写体完成させたい写真イメージに合わせて、シャッタースピードを変更すると面白い写真が多く撮れるぞ!
リュウ
それを教えろよ!
yamashoさん
面倒くせぇなこいつ。

スクリーンショット 2016-08-20 11.32.04

この2つの写真を見てください。

同じ風景での写真ですが、左は水が滴っているような一枚。

そして、左は水がブシャー!!っと弾かれいるような一枚。

違いは一目瞭然ですよね。
(左の写真は手ブレがありますが・・)

同じ風景でも、シャッタースピードを変える事によって、写真のイメージ自体も変える事ができるんですね!

リュウ
確かに全然ちがうな。。
yamashoさん
あとはどんな写真が撮りたいかによって変えた方が良いぞ!

DSC_1809

この写真はシャッタースピード「1/1500」で撮影をしています。

リュウ
上手く撮れてんな〜!(^ ^)

3H8C8401

この花火の撮影は、特殊で「30秒」で撮影してます。

リュウ
30秒!?
yamashoさん
そう。手持ちでは絶対「手ブレ」するんで、三脚が必要になる撮影方法なんでまた別の記事で書いていくね

カメラの設定

シャッタースピードの操作をする際のステップを公開します!

STEP1 モード調整

「シャッター優先モード」を使って、操作をしましょう!
スクリーンショット 2016-08-20 12.12.25

このモードなんですが、Nikonは「S」と書いてますが、
大手のCanonは「Tv」と書かれてます。
※Tvの意味は「Time value(タイムバリュー)」の略となります。

そして、この「シャッター優先モード」は、
シャッタースピードをいくつで設定するかのモードとなります。

このモードの良いところは、シャッタースピードの数値を固定させて、
絞り値(F値)絞り(F値)の記事ISO数値の調整を自動で行ってくれます。

STEP2 数値の決定と確認

どのくらいのシャッタースピードで設定をすれば良いかは、
カメラの本体にもよりますが、確認画面が必ずあるので、現状の数値を見てください。
赤線で引いてるところを確認

スクリーンショット 2016-08-20 12.21.07

僕のカメラでは、メインディスプレイとサブとファインダー内のデジタル数値から、
確認をする事ができます。

この場合は「1/125」となってますね!

STEP3 露出の確認

露出トライアングルの記事にも書いてますが、必ず数値を決定したら、
「露出メーター」でデジタル表記が「点滅」などしてないかの確認をする。

スクリーンショット 2016-08-20 12.59.39

最終的にここの露出メーターで、露出が適正かどうかの確認をする事が一番大事になります。

もし点滅になっている様子であれば、「露出アンダー」「露出オーバー」の写真になるので、

シャッタースピードを変えてみるか、F値を変えるなどして調整をしてください。

意外と確認忘れがちな「露出補正」ボタンも高いままになっていたりしてます。

リュウ
なるほどね〜!シャッタースピードで入ってくる光の調整をしつつ、撮りたい写真のイメージもつけるって事か〜
yamashoさん
そうそう。最初は頭でイメージしても分かるようで分からなかったりするんで、本当の意味で理解をするには、取り敢えず「撮ってみる」って事が大事な要素です。
リュウ
オレのダッシュもチャント捕らえていたから悔しい!
yamashoさん
どこ悔しがってんだよ。。

それではまた!

Facebooktwittergoogle_pluslinkedinyoutubeinstagram

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。